インプラントとは

 この様な方に:

 入れ歯だと違和感がある、話やお食事がしづらい。

 *無くなってしまった歯の両脇の歯を削るのはいやだ。

 *初め小さな義歯がいつの間にか大きな義歯になってしまった。  

   インプラント治療とは、何らかの理由で歯が無くなった顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、新しい土台を作りその上に人工の歯(差し歯)を被せるという、新しい歯科治療方法です。
 インプラントは、違和感も少なくしっかり咬め、またブリッジなどのように、まわりの歯を削らずにすみ、まわりの歯に負担をかけることもありません。それどころかインプラントが力をうけることで、まわりの歯の負担を減らし、長持ちさせ、現在考えられる最も望ましい治療方法と言われています。

 当医院では数あるインプラントの中で、米国Zimmer社製スプラインインプラントを使用しております。普通インプラントはチタンで出来ていますが、このインプラントは、チタンにアパタイトがコーティングされております。アパタイトは、歯や骨を形成する物質なので、体に対し親和性が高く、骨との結合が、チタンより優れており、高価ですが大変優れたインプラントといえます。

 インプラント費用は保険がききません。当院では1本あたり30万円~35万円かかります(消費税別)。ただし、骨の少ない場合、別途増骨費用が5~15万円かかります(消費税別)。その他処置代、メインテナンス代が、1回数千円かかります。正式な手術内容や費用などは検査診断を行った後に決定されます。又5年間の無料保証いたします(3~6ヶ月ごとの定期検診に来院された場合)。

従来の治療

歯が1本抜けた場合

歯が数本抜けた場合

歯が全部抜けた場合

歯が1本抜けた場合
周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

歯が数本抜けた場合

入れ歯を固定するための針金が、見た目にも機能的にも不快です。

歯が全部抜けた場合

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

 

インプラント治療

歯が1本抜けた場合

歯が数本抜けた場合

歯が全部抜けた場合

歯が1本抜けた場合

健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。

歯が数本抜けた場合

針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。

歯が全部抜けた場合

数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

歯の無い場所にインプラントを植えることにより、以前のようにしっかりかむことができます。残っている大切な歯を削ることなく新たな歯ができる治療です。