よくいただく質問

Q.インプラントの寿命は何年ぐらいですか?
A.基本的に、インプラントは長期にわたって使うことが出来ます。
10年経ってもインプラントを使っている人が95%と言われていますが、定期的なメインテナンスを受けるかどうかで、長持ちするかが変わります。
万一、何らかの事情でインプラントを撤去することになった場合も、骨を増やしたりする処置を行なえば、インプラントをもう一度入れることが可能です。そうしたリスクも、定期メインテナンスで減らすことができますので、メインテナンスは必ず受けてください。

Q.インプラントの安全性は?
A.インプラント手術というと、骨を削って金属のスクリューを打ち込んで・・と恐怖心をお持ちの患者様が多くいらっしゃいます。インプラント手術自体は無痛治療で何の痛みも無く受けていただく事ができます。個人差はありますが、術後の痛みもほとんどなく、術後数日で落ち着いてきます。
入院の必要もないので翌日から通常の生活ができます。当医院で使用しているインプラントは純チタンにアパタイトがコーティングされており、無害で発癌性もなく腐食しません。
また、生体との親和性が高く、アレルギー反応を生じさせません。予後10年でインプラント生存率95%以上という治療は、歯科だけではなく、医科の分野においてもそんなにある治療ではなく、歯科治療でこれだけ信頼性のある治療は他に見られません。

Q.インプラントを入れると、どのくらい噛めるようになりますか?
A.噛む力は天然の歯と同じぐらいにまで回復します。インプラントはあごの骨に支えられていますので、入れ歯のように食べかすが入ることも、ずれることもありません。快適に食事を楽しんでいただけます。
   
Q.見た目は自然の歯と変わりませんか?
A.インプラントは、自分の歯とほとんど変わらないほどきれいに仕上がります。
   
Q.金属アレルギーなのですが。
A.インプラントに使用される材料「チタン」は、非常に生体親和性が高い金属ですので、金属アレルギーの心配はないと言われています。 
   
Q.歯が全部ない場合もインプラントは可能ですか?
A.失われた歯の本数は基本的に問題ではありません。全く歯の無い方でも、部分的に歯のない方でもインプラントは可能です。
   
Q.インプラントの手術は痛くありませんか?
A.手術は十分な麻酔のもと行われるので術中に痛みを感じることは,ほとんどありません。
   
Q.健康保険はきかないのでしょうか?
A.残念ながらインプラント治療に関しては、健康保険は全く効きませんが、インプラント治療は、税務署への簡単な確定申告でお金がもどってきます。
インプラント治療にかかった費用は医療控除の対象になります。
医療控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、場合によっては治療費の半分以上が還付されるケースもあります。