<滅菌・院内感染対策>

■滅菌・院内感染対策について
「手術をするわけでもないのに、歯科医院で滅菌や消毒にそこまでこだわるの?」とおっしゃるかもしれません。

通常の歯科治療では手術をすることはありませんが、治療の内容によっては多少出血を伴うことがあります。そのときに、もし治療器具の滅菌や消毒が不十分だと、前の患者さんに使った器具を介して、B型肝炎やC型肝炎、HIVなどに感染する可能性が高いことがわかってきました。

歯科医院の滅菌消毒業務には、診療報酬がありません。一生懸命やればやるほど経費がかさみ、歯科医院の経営は苦しくなっていきます。しかし、患者さんに安心できる治療、安全な治療を受けていただきたいという思いから、当院では、滅菌消毒をはじめとする院内感染予防に力を入れています。

■当院の滅菌・院内感染対策
当医院の院内感染防止対策は万全です。患者様のお口の中に入る物は全て滅菌消毒しており皆様に安心して治療を受けていただけます。

      

テーブルの上によけいな物は(薬品類・削る道具など)何ものせておりません。衛生上必要な物は必要なときに一つ一つ小分けして用意いたします。

■院内感染予防システム

ディスポーザル製品の使用 :エプロン、コップ、注射針、麻酔液や外科用メス等、又ドクタースタッフの使用する手袋は全て患者様ごとに使い捨てにしています。1人の患者様に3~5セット使用する場合もあります。

  手袋在庫の一部で、カートン単位で購入しています。

ディスポーザル製品以外の器具 :タービン・エンジンなど歯を削る器具は、2台のオートクレーブを使用し、ミラーやピンセット外科用器具など金属器具は全てケミクレーブによる高温・高圧アルコール蒸気を用いた滅菌消毒をしています。又ゴムやプラスティック製品は、強酸性水などを使用し万全を期しています。

          

超音波洗浄機とケミクレーブ    2台のオートクレーブ 

      

 酸性水発生装置                          削る道具は全て上記により滅菌しています

   

処置によりセットを分けており、たとえ1本しか使用しなくても1セット単位で滅菌しています