ホワイトニング

■ホワイトニングとは

専用の漂白剤を使用して、歯にしみ込んでいる色素を分解し、脱色することにより本来の歯の白さより、更に白くする処置のことです。髪に例えるなら「ブリーチング」のようなものです。

歯を削ったり痛めることなく歯自体を白くする方法です。

歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。これにハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当ててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解していきます。

ホワイトニングの効果は、個人差がかなりあります。生まれつき歯の色が濃い人は、ホワイトニングの効果が低くなりますし、ワインや紅茶などの、歯に色がつきやすい食べ物や飲み物を好む人、タバコを吸う人などは、ホワイトニングしても、また歯に色がついてしまいます。

あまり知られていないかもしれませんが、ホワイトニングにもメンテナンスが必要です。一度白くしても、食生活によってだんだんと歯に色がついてきてしまいます。一般に、ホワイトニングをしてから半年くらい経つと、だんだんと色がつき始めます。そのまま何もメンテナンスをしないと、2年くらいで元の色に戻ってしまいます。

メンテナンスには、自宅でできるホームホワイトニングや、歯科医院での歯のクリーニング(PMTC)などがあります。定期的にケアをして、白い歯を保ってください。

症例1

   

クリーニングとオフィスホワイトニングを1回行いました。1日でこうなりました。

症例2 

   

ホームホワイトニングとセラミック治療を行いました。

症例3

   

ヲーキングブリーチ法を4回行いました。女性漫才師にこの様な歯の方がいらっしゃいましたよね・・・。

ホワイトニングのメリット

(1)歯を削ることなく施術可能。

(2)色調や明度が時間や薬剤で調節可能。

(3)短時間で、何度も施術可能。

(4)セラミックの差し歯などに比べ経済的。

ホワイトニングは、健康な方で、加齢、喫煙、飲み物や食べ物によって歯が汚れてしまったり、変色してしまった方に効果的ですが、以下の点にご注意下さい。

注意事項とデメリット

 (1)歯の詰めもの、かぶせの色などは、基本的に白くなりません。そのため、ホワイトニング終了後、他の歯との色をあわすため、 やりかえる必要があるかもしれません。ホワイトニングと同時に審美治療を希望される場合は、ホワイトニングを先に行って、2週間以上あけて歯の色が落ち着くのを待ってから、審美治療を受けることをおすすめします。

(2)ホワイトニング中、 歯がしみることがあります。この場合、一時的にすみやかに中断して下さい。そして、一日おき、または一日の使用時間を短くします。痛みがある場合は痛み止め等処方いたしますので、お知らせください。

(3)ホワイトニングの回数や期間には個人差があります。1回(1週間)で希望する白さになる人もいれば、数回(4週間)のホワイトニングが必要な方もいます。又必ず  後戻りがあります。白い歯を維持したいのであればホワイトニングメインテナンス用  歯みがき剤をお使い下さい。 また、定期的(3~6ヶ月に一度)にお口のクリーニングとタッチアップ(追加ホワイトニング)をお受け下さい。後戻りを出来る限り防止していきましょう。

(4)昔飲んだ薬などの化学的な原因でブルー系やグレー系に歯が変色している患者様は、色が薄くなりにくい場合があります。                                     (5)ホワイトニング期間中、色のつくもの、コーヒー、ワイン、喫煙はお控え下さい。

(6)妊娠中、授乳中の方、又無カタラーゼ症の方は出来ません。

さぁ!あなたもより輝く、白い歯を取り戻しましょう。

  当医院で使用する専用薬剤の中には、日本で許認可の下りていない物がありますが、当医院の責任において、特別に、厚生省から薬監証明を所得して、海外から輸入しております。日本ではホワイトニングが大変遅れており、海外で販売されている薬剤の3世代前の商品しか認可販売されていない為です。これらの薬剤は、効き目が弱い上に知覚過敏症を起こしやすく患者様にとって、大変不利益と考えられ、より効果的にホワイトニングを行うため、この様な方法をとっております。安全性については、世界でもっとも厳しい基準とされるFDA(アメリカ食品医薬品局)、 ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められており、歯の質を痛めることなく、白くすることが出来ます。